岐阜 白川郷の五平餅 & 松本城 栗みつかき氷

Posted at 07/09/21 Comment(0)»

白川郷の五平餅 & 松本城 栗みつかき氷を紹介します。

にほんブログ村 スイーツブログ スイーツ・菓子店へ←応援クリックお願いします

白川郷は、この地方独特の民家の形式である「合掌造り」家屋を
中心とした山村です。

実際に民家として使われているところが、ここの魅力。
中には、民宿、蕎麦屋、お土産屋になっている家も多数あります。

茅葺き屋根の張り替えの際は、片側だけで一千万円かかるといいますから
世界遺産の保護も並大抵ではありません。

集落の中を流れる水路には、コイが生息。水が本当に透明で驚きます。

「日本昔ばなし」のようなこの集落、一番美しいのは、2月に雪が積もり
夕暮れの家の明かりがもれた景色なんだそうです。
寒いのが苦手ですが、いつか見てみたいです。

博物館的に、公開している和田家へ入りました。
上の部屋から見る白川郷の景色は、ほんとうにのどかで格別です。
立派な縁側と日本庭園もありました。

五平餅(ごへいもち)は木曽・伊那地方から岐阜、東海・三河・南信濃
(いわゆる三遠南信地方)に伝わる郷土食です。

すりつぶしたご飯をじっくりと焼き、みそだれをぬった五平餅は、
小腹が空いたときにもってこいです。
素朴な味が、白川郷の景色にぴったりでした。

「鬼ごろし」発祥の地として有名ですが、
白川郷の各神社で行われるどぶろく祭りも有名です。

どぶろく(濁酒)とは炊いた米に米麹や酒粕等に残る酵母などを加えて作る
酒のこと。

甘くない、甘酒のような感じでした。

こちらは国宝「松本城」。
外はもちろんのこと、城内も昔のままで、当時の武器などが展示されて
いて、見応えがあります。

一番上の階から見る、庭園の眺めは、美しいです。
しかし、窓は何種類もあり、鉄砲用、屋を吹く用、見張り用と
当時の緊張感も十分残されています。

バスガイドさんお勧めの、松本城のすぐ横にある
小布施の栗菓子店として有名な「竹風堂」。

昭和47年に小布施で初めて「栗おこわ」を売り出した店としても
知られています。

こちらで食べた「栗みつかき氷」は、密がとっても美味しくて
今まで食べたかき氷で、一番美味しかったです。

その他、栗鹿の子、方寸、栗饅頭、栗羊羹も購入。
栗饅頭しか食べてませんが、上品なおいしいお饅頭でした。

■全品 送料無料■
雑誌やテレビで紹介されたあの商品も!
講談社No.1グルメ雑誌 公式お取り寄せサイト「おとなの週末お取り寄せ倶楽部」

にほんブログ村 スイーツブログ スイーツ・菓子店へ←ランキング参加しています

▲Top of page

"岐阜 白川郷の五平餅 & 松本城 栗みつかき氷"へコメントを投稿

上の情報を保存する場合はチェック

オススメ お取り寄せ