真狩村のジャム屋 「ラ・ベル・コンフィチュール・マサコ」

Posted at 07/09/21 Comment(0)»

真狩村のジャム屋さん、「ラ・ベル・コンフィチュール・マサコ」へ行きました。

にほんブログ村 スイーツブログ スイーツ・菓子店へ←応援クリックお願いします


真狩村にある「ラ・ベル・コンフィチュール・マサコ」。

雑誌・家庭画報でその存在を知って驚きました。
なぜなら修業先は、かの有名なフランス・アルザス地方のジャムの妖精
”クリスティーヌ・フェルベール”だったからです。

クリスティーヌ・フェルベールのジャムと言えば、パリの4つ星デラックスホテル
であるジョルジュサンクの朝食でも使用。フランス中のジャムを食歩き
彼女のジャムに決めたそうです。

日本でも伊勢丹で売り始め、丸井今井札幌店でも購入可能です。

北海道に、彼女のもとで修業した人がいて、ジャムを販売している・・。
なんだかとても感動的でした。

通信販売のみのこのお店が、7月7日~11月4日までの土日祝に
自宅販売を初めたと聞き、念願叶って行きました。

店頭には8種類のジャムがあり、そうとう悩みましたが、
「3つの赤い果実のジャム」~豊浦産のいちご”宝交早生”、壮瞥産の
さくらんぼ”紅さやか”、厚真町のハスカップを合わせたものを選びました。

果実味を残し、とろ~っとした透明感あるジャムのスタイルは、
まさにクリスティーヌ・フェルベールのジャムそのもの。

ベリーの酸味を上手にいかし、これが北海道ベリーの味かぁ~と
うれしくなるコンフィチューでした。

そして、「あんずとバニラのジャム」を購入。
masakoさんが、「砂糖の量はすべてのジャムが同じなのに、
このジャムが一番甘いお味」とおしゃっていました。
バニラビーンズの影響なのでしょうが、もちろんくどさは一切なく
あんずとの相性がとても良かったです。

ジャムにはそれぞれ、食べ方のプチアドバイスの書かれたものが
ついてきますが、こちらは「甘さを控えたフレンチトーストに
アイスクリームとこのジャムを添えてはいかがでしょう」と書かれて
ありました。是非そのようにして食べたいです。


店頭で試食した「さくらんぼとバラの花びらのジャム」も美味。
サクランボの食感を潰しすぎず使用し、ほんのりバラの香りがします。


元マッカリーナでパティシエをされていたmasakoさんは、フランス語留学
を経てワーキングホリデーを利用しフランス・アルザスへ修業されたそうです。
アルザスと真狩村はとても環境が似ているとおしゃっていました。

「地元のフルーツを使い作るジャムを、地元で売る」
クリスティーヌ・フェルベールのジャムの手法だけでなく、
その哲学も学ばれたのだと感心しました。


来年アルザスへ旅行を計画している私に、クリスティーヌ・フェルベールの
お店のことはもちろんのこと、アルザスのおすすめワイナリーなども
教えてくださり、既にアルザスの風に吹かれたような気がしました。

生産者が直接店頭で販売し、会話を楽しめることも
たいへん魅力ではないでしょうか。

「ラ・ベル・コンフィチュール・マサコ」のジャムを、
ブーランジェリーJIN」のパンに塗って食べる朝食。
まさに、極上の北海道ライフのひとつと言えるでしょう。


「ラ・ベル・コンフィチュール・マサコ」のサイトはこちらから


■全品 送料無料■
雑誌やテレビで紹介されたあの商品も!
講談社No.1グルメ雑誌 公式お取り寄せサイト「おとなの週末お取り寄せ倶楽部」

にほんブログ村 スイーツブログ スイーツ・菓子店へ←ランキング参加しています

▲Top of page

"真狩村のジャム屋 「ラ・ベル・コンフィチュール・マサコ」"へコメントを投稿

上の情報を保存する場合はチェック

オススメ お取り寄せ