ベッジュマン&バートン(BETJEMAN&BARTON)の紅茶

Posted at 11/10/26 Comment(0)»

ベッジュマン&バートン(BETJEMAN&BARTON)の紅茶を飲みました。

にほんブログ村 スイーツブログ スイーツ・菓子店へ←応援クリックお願いします

パリの老舗の紅茶屋であるベッジュマン&バートン(BETJEMAN&BARTON)の紅茶が、
洞爺湖のウインザーホテルで購入できると知りました。

日本では洞爺湖のウインザーホテルの他には、日本橋三越にしかおいていないという
貴重な紅茶ですが、私はパリで購入し大ファンになった紅茶です。


ベッジュマン&バートン社は、ダブリンとロンドンで紅茶を学んだ
アーサー・ベッジュマン氏が1919年パリで紅茶の専門店を開いたのが
始まりだということです。

パリで最も権威のあるグルメ雑誌「LE GUIDE DES GOURMANS」の紅茶部門で
金賞を受賞するなど、フランスにおいてたいへん評価の高い紅茶です。

ベッジュマン氏により世界に先駆けて開発されたフレーバーティーは、
オリジナリティー溢れる最高級なものばかり・・という評判どおり、
たいへん美味しい紅茶で感動しました!

特に気に入った紅茶は、パリの五つ星ホテルでも採用されている
レ クラシック(Les Classiques)です。

ブルボンバニラとキャラメルが上品に香るブラックティーベースの紅茶です。
香りはほんのり上品に甘いのですが、その香りは主張しすぎず
紅茶自体は甘くはありません。

パリの五つ星ホテルでも採用されているのが納得の美味しい紅茶でした。
普段ならキャラメルの香りの紅茶は選ばないのですが、
ベッジュマン&バートンのレ クラシックは、お気に入りの紅茶のひとつとなりました。
甘いパンや、スイーツなどともたいへん相性がよいです。
おすすめの紅茶です。


そしてもう一つのおすすめが、エデンローズ(Eden Rose)です。
ラベンダー、バニラ、ベルガモットにバラの花びらが入った、
見た目にも華やかな香り高いフレーバーは、ノルマンディーの美しい庭園を
彷彿とさせるという紅茶です。

こちらもほんのりと上品にローズの香りがするので、
一般のローズティーよりも洗練された紅茶だと思いました。

今年の夏は、テーブル上にいつも40輪ほどのバラを飾り、
さらにベッジュマン&バートン(BETJEMAN&BARTON)のエデンローズをのんで
朝食をいただくのが、至福のひと時でした。


洞爺湖のウインザーホテルへ行く機会があれば、ぜひおすすめの紅茶です。

■全品 送料無料■
雑誌やテレビで紹介されたあの商品も!
講談社No.1グルメ雑誌 公式お取り寄せサイト「おとなの週末お取り寄せ倶楽部」

にほんブログ村 スイーツブログ スイーツ・菓子店へ←ランキング参加しています

▲Top of page

"ベッジュマン&バートン(BETJEMAN&BARTON)の紅茶"へコメントを投稿

上の情報を保存する場合はチェック

オススメ お取り寄せ