サロン デュ ショコラ 2012 札幌丸井今井

Posted at 12/02/08 Comment(0)»

サロン デュ ショコラ 札幌丸井今井へ行きました。

にほんブログ村 スイーツブログ スイーツ・菓子店へ←応援クリックお願いします

サロン デュ ショコラ2012で楽しみにしていたのが、
サダハルアオキ氏の東京焼きマカロンショコラ381円。

道内では初となりますし、パリでは昨年に引き続き今年のサロンドショコラや、
パリより南東に位置するお城、ヴォールヴィコントゥ城で毎年行われている
パレ デュ ショコラでもフランス人に大好評であったようです。

抹茶入りのおやきの中に、あんの代わりに普段よりかなり甘い
東京焼き用のチョコレートのマカロンが入ったものです。

日本人の私にとっては、普通のあんのおやきの方が美味しいものの、
どんなものなのか、食べてみたかった東京焼きでした。
きっとフランス人にとっては、目の前で焼かれるその過程も珍しく
人気で好評だったのだと思いました。

一緒に食べた友人は、ひたすら甘いねと連呼していました。

アオキサダハル氏とは、昨年のサロンデュショコラのトークショーを
最前列で聞かせていただいた後、同じ階のベンチでかなりの長話をしていた
私達親子とシャンパンを飲んで何度もトイレへ行かれる青木氏と何度も顔を合わせ
軽くお話させていただき、さらにその4ヵ月後にパリと成田の空港にて偶然お見かけし
また親子でお話させていただく機会があり、勝手に親近感が湧いているものの
今年はトークショーの座席は当たりませんでした(涙)。

またサロンデュショコラで楽しみにしているのが、BABIのアイスクリーム。
札幌ではイタリア展と年2回だけ食べられるのですが、
今回からコーンがなくなりカップのみだったのが残念でした。

ミッシェルジョーダンでは、オットの大好物なパヴェ2種類を購入したほか
初めてトリュフも購入してみました。
感動したのはトリュフの味ではなく、ミッシェルジョーダン氏のお人柄。
トークショーは行けなく残念に思っていましたが、なんとご本人が
店頭にいらしゃり、お話して写真もご一緒していただけました。

パリのお店へ来たら是非呼び出してとおしゃってくれたので
ご一緒したお写真を持って行く約束をし、さよならではなく「またね」と
挨拶して帰られたミッシェルジョーダン氏に、フランスのエレガンスを
垣間見たひと時でした。

聞けば、トークショー参加者全員と握手をされたのだとか。
とても心のある方だなと私は感心しましたが、友人はそこまで・・という
言いぶりでしたので、受け止め方は人それぞれですね。

とても楽しみなのが、フランスのジャムの妖精クリスティーヌ フェルベールと
ジャンポールエヴァンのコラボのコンフィチュール。

バナナ、フランボワーズとカカオ64%のチョコレートのコンフィチュールです。

トークショーを聞いたのが、フランクケストナー氏のです。
27歳の時にMOFフランス最高職人を取得し、2010年にパリ5区にも出店されたのそう。
試食のショコラは2種類で、ミルク系とビター系。
いずれもナッツを砕いたものが入り、少しでも長く口の中に余韻を残そうという
考えのもと作られているようでした。
かなり繊細で神経質なお人柄のようにお見うけしました。

新作のショコラは、食べると口の中でパチパリする食材が入っていると
おしゃっていましたが、私が子供の時にそういうお菓子ってあったよなと
思い出しました。


今年は数年ぶりに大好きなパトリックロジェのショコラもありました。
円高の影響を感じないお値段のため見送り、次回のパリで・・と
いつも思うものの、パリではすでにあれこれ出費がかさみ、
タブレット(板チョコ)以外購入できずにいます。
次回は必ずと、今回も心に誓ったのでした(笑)。

■全品 送料無料■
雑誌やテレビで紹介されたあの商品も!
講談社No.1グルメ雑誌 公式お取り寄せサイト「おとなの週末お取り寄せ倶楽部」

にほんブログ村 スイーツブログ スイーツ・菓子店へ←ランキング参加しています

▲Top of page

"サロン デュ ショコラ 2012 札幌丸井今井"へコメントを投稿

上の情報を保存する場合はチェック

オススメ お取り寄せ